高血圧の治療に励む女性

高血圧にお悩みですか?私も現在高血圧の治療をしています。高血圧の治療は、生活習慣の見直し、医薬品、サプリメント服用など、様々です。私はこれから高血圧との戦いを勝ち抜くために、様々な方法を試すつもりです。

2018年01月の記事一覧

高血圧治療薬のメインテートの効果

メインテート錠はビソプロロールが主成分のβ遮断薬に分類される高血圧の治療薬です。高血圧を治療する事で様々な症状の予防をする事ができます。
簡潔にメインテートの効果を説明すると、乱れた脈の整える・狭心症の発作を予防する・心不全の悪化を予防する・血圧を下げるといった作用があります。

メインテートが処方される方は高血圧の軽症から中等度・狭心症・心室性期外収縮の方です。
また虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬やジギタリス製剤等の基礎治療を受けている方が対象となります。
慢性心不全でもアンジオテンシン変換酵素阻害薬やジギタリス製剤等の治療を受けていない場合は処方されません。
低血圧やめまい等の副作用が著明に現れる可能性が高まるからです。
メインテートの作用機序は、β1受容体を遮断して、心拍を整えます。心臓には心拍に関与している受容体があります。
その受容体がβ1受容体です。刺激を受ける事で心臓の動きが促進されて心拍が上昇します。
刺激を受ける事を抑制する効果により、心拍を正常に整えます。狭心症に対して使用するのも上記が理由であり、心拍数を整える事により心臓への負担を減らす事に繋がります。

メインテートの特徴としてはβ1受容体遮断薬である事ですが、受容体は実は2つありβ2受容体もあります。
β1受容体に作用するお薬ですが、β2受容体に作用すると気管支が収縮します。その為呼吸しづらくなる事から、気管支喘息の方には処方されません。
メインテートは通販でも購入する事も可能である事から、効能や服用禁止の持病を持っている方が、医師の判断なく使用する事は危険です。
医療機関で医師の判断の元、処方してもらう事が適切なお薬と言えるでしょう。

メインテートの副作用にはめまいやふらつきが引き起こされる可能性があると報告されているので車の運転をする方が服用する事は控える必要があります。
また実験結果により妊娠中や妊娠の可能性のある方もひかえる必要があるといえるでしょう。
良い効果の多いメインテートは、医師の指示のもと正しく使用する事で安全に効果を実感できます。
上記の様に副作用や服用してはいけない症状や状態等多くありますが、飲み合わせにおいては心配する必要はありません。
メインテートとの飲み合わせが規制されている薬はほとんどないからです。

以上の事が高血圧治療薬として使用されるメインテートの効果や作用機序です。

続きを読む